私のトレーニングに対しての考え方

1/3ページ
  • 2021.01.04

No.112 私のトレーニングに対する考え方2021

新年1回目の更新は毎年行っているのですが、現状の私のトレーニングに対する考え方を自分自身の確認・アップデートをする意味で今年も記事にしたいと思います。 <過去の記事はこちら> No.3 私のトレーニングに対する思考(2018) No.74 私のトレーニングに対する考え方(2019) No.104 私のトレーニングに対する考え方(2020)   2021年も基本的には変わっておらず、下3つ […]

  • 2020.12.27

No.111 ユニラテラル(片側)種目の位置付け

  ユニラテラルとは両足、両手ではなく片側ずつ行うトレーニングの事をいいます。   例えば、足の種目ですとランジ各種、ブルガリアンスクワット、スプリットスクワット、シングルレッグルーマニアンデットリフトなど。上半身の種目ですと、コンセントレーションカール、ワンハンドロウなどの事をさします。   <メリット> ・対象の筋肉に意識がしやすい ・筋力の左右差の改 […]

  • 2020.09.15

No.110 効かせるか効かせないか

『効いている感じがわからない』 トレーニング 初心者の方に多い悩みで、その種目でメインで活躍する筋肉を使えているかがわからないと言う方は多いのではないでしょうか? では、効いている感覚がわからないとトレーニングの効果がないのか否か、私の見解を書いていきたいと思います。   私のお客様は、健康維持・向上や体力をあげたいお客様が多いという事を前提に結論から申しますと、私は”効かせ […]

  • 2020.01.03

No.104 私のトレーニングに対する考え方(2020)

2018 No.3 私のトレーニングに対する思考(2018) 2019 No.74 私のトレーニングに対する考え方(2019) 以前の記事と基本的にはトレーニングに対する考え方は変わっていませんが、昨年はジム運営に携わり、色々とフィットネスに関して課題がでてきました。   例えば、今までは一般の方の指導のほとんどスポーツクラブに通われている方を対象に指導していたのですが、昨年はパーソナル […]

  • 2019.11.10

No.102 マラソンに関しての面白い記事を見つけました

マラソンシーズンに向けて再読したいSTRAVAのデータ分析記事です。(アーカイブ記事)https://t.co/3IQWrBGtTD#STRAVA #マラソン — onyourmark MAGAZINE (@onyourmark_jp) November 8, 2019   この記事のポイントは以下の通りです。 ①週にどれくらいの距離を走るのか ②週にどれくらいの頻度で走るのか ③どれく […]

  • 2019.11.03

No.101 私が指導の際に意識している事

今まで人材の育成や、色々な人のセッションを見ていく中で感じた事、私が指導の時に心がけている事を今回はまとめてみました。   ①言いすぎない 若手のトレーナーにありがちな事ですが、自分の持っている事を全て出そうとして、多くの知識を伝えてしまうケースがあります。 お客様は意外とそこまで求めていないし、情報がありすぎても何が自分に必要なのかが分からなくなってしまいます。 ですので、私はトレーニ […]

  • 2019.09.29

No.97 筋トレでベーシックなバーベルトレーニングをすすめる理由

いわゆるBIG3と言われる、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどや、ベントオーバーローイングやショルダープレスなどのバーベルトレーニング。 スポーツクラブなどでやった事のない方々の理由としては、やり方がわからなかったり、やる環境がなかったり、怪我しそうで怖かったり、マッチョな人たちがいてやりづらいなど様々な理由があるかと思います。 確かにマシンの方が簡単そうに見えますし、スポーツクラブで案内 […]

No.77 ”腰で打つ”私の見解

全米マスターズ盛り上がっていますね。 個人的にはタイガーウッズが活躍している事が嬉しく思っています。   さて、私のクライアントにもゴルフをしている方々がいますが、会話の中でよく聞く表現で ”腰で打つ” ということを聞くことがよくあります。   野球や他のスポーツでもよく言う表現なのではないでしょうか? なんとなくわかるけど、イマイチわからない方に向けて今回は私の考え方を書いて […]

  • 2019.03.30

No.74 私のトレーニングに対する考え方(2019)

  No.3 私のトレーニングに対する思考(2018) なんとなく文章がかたいですね…。 基本的には2018から変わりませんが、1年経ち今現状の考え方をまとめてみました。   ①股関節・肩関節(複合体)を中心とした全身の筋力強化 スポーツ・日常生活などにおいて股関節周りと肩周りの筋力や可動域は非常に重要だと考えます。 ですので、デットリフト・スクワットなどの股関節周りのトレーニ […]

1 3