私のトレーニングに対しての考え方

1/2ページ
  • 2019.11.10

No.102 マラソンに関しての面白い記事を見つけました

マラソンシーズンに向けて再読したいSTRAVAのデータ分析記事です。(アーカイブ記事)https://t.co/3IQWrBGtTD#STRAVA #マラソン — onyourmark MAGAZINE (@onyourmark_jp) November 8, 2019   この記事のポイントは以下の通りです。 ①週にどれくらいの距離を走るのか ②週にどれくらいの頻度で走るのか ③どれく […]

  • 2019.11.03

No.101 私が指導の際に意識している事

今まで人材の育成や、色々な人のセッションを見ていく中で感じた事、私が指導の時に心がけている事を今回はまとめてみました。   ①言いすぎない 若手のトレーナーにありがちな事ですが、自分の持っている事を全て出そうとして、多くの知識を伝えてしまうケースがあります。 お客様は意外とそこまで求めていないし、情報がありすぎても何が自分に必要なのかが分からなくなってしまいます。 ですので、私はトレーニ […]

  • 2019.09.29

No.97 筋トレでベーシックなバーベルトレーニングをすすめる理由

いわゆるBIG3と言われる、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどや、ベントオーバーローイングやショルダープレスなどのバーベルトレーニング。 スポーツクラブなどでやった事のない方々の理由としては、やり方がわからなかったり、やる環境がなかったり、怪我しそうで怖かったり、マッチョな人たちがいてやりづらいなど様々な理由があるかと思います。 確かにマシンの方が簡単そうに見えますし、スポーツクラブで案内 […]

No.77 ”腰で打つ”私の見解

全米マスターズ盛り上がっていますね。 個人的にはタイガーウッズが活躍している事が嬉しく思っています。   さて、私のクライアントにもゴルフをしている方々がいますが、会話の中でよく聞く表現で ”腰で打つ” ということを聞くことがよくあります。   野球や他のスポーツでもよく言う表現なのではないでしょうか? なんとなくわかるけど、イマイチわからない方に向けて今回は私の考え方を書いて […]

  • 2019.03.30

No.74 私のトレーニングに対する考え方(2019)

  No.3 私のトレーニングに対する思考(2018) なんとなく文章がかたいですね…。 基本的には2018から変わりませんが、1年経ち今現状の考え方をまとめてみました。   ①股関節・肩関節(複合体)を中心とした全身の筋力強化 スポーツ・日常生活などにおいて股関節周りと肩周りの筋力や可動域は非常に重要だと考えます。 ですので、デットリフト・スクワットなどの股関節周りのトレーニ […]

  • 2019.03.01

No.62 競技者と高齢者のトレーニングの違いは…?

たまに、一般の方々がトレーニングをするにあたり、 『私アスリートじゃないし…』 みたいな事を思っていたり、言われたりします。   確かにアスリートのトレーニング動画を見ているとなんだかすごい事をしている感じがしますよね。   ただ、学生や競技者も、また高齢者の多くの目的は、”筋力向上”によるパフォーマンス(QOL)の向上や、体力向上や、障害予防が殆どです […]

  • 2019.01.27

No.56 ウエイトリフティングをトレーニングプログラムに取り入れるべきか

  ウエイトリフティングは床から頭上まで重量を持ち上げる種目で、仕事量が多く、全身の協調性やパワー発揮の為に非常に有効な種目です。 私自身、またはクライアントでも股関節を中心とした全身のパワー発揮種目の1つとして、ウエイトリフティングを実施してもらっている方々もいます。 ただし、ウエイトリフティングを導入するにあたっては以下のような注意が必要だと私は感じています。   ①環境が […]

  • 2019.01.12

No.53 トレーニング種目選択のポイント

筋トレを始めたばかりの方や、何をやっていいかわからない方などは特に悩むところだと思います。 スポーツクラブでは大抵決められたパターンの初心者用のプログラムをスタッフが教えてくれます。 (私もスポーツクラブ勤務時代はそうでした。) トレーニングには『個別性の原則』という原則があります。各々の体力レベルや性別・体格・年齢などに合わせてプログラムを組むという原則です。 ですので、各々の目標にあった種目、 […]

  • 2019.01.07

No.52 デットリフトを背中の種目として入れるか、足の種目として入れるか

結論から申しますと、私はデットリフトは股関節伸展筋群(臀筋・ハムストリングス)のトレーニングだと思ってプログラムに取り入れています。 理由を以下にまとめました。 ①股関節が主働である。 デットリフトは股関節・膝関節を曲げた状態から伸ばしていく種目です。股関節を伸ばす筋肉は、主に大臀筋とハムストリングスである事からデットリフトのターゲットの筋肉は主に大臀筋とハムストリングスである事がわかります。 & […]